大阪府吹田市 自由民主党絆の会

私たちは現実と向き合います。パフォーマンスより実現力!-自由民主党絆の会

メイン画像1

ホーム ≫ 行政視察・勉強会等

行政視察・勉強会等

会派行政視察1日目
岩見沢市「ICT利活用によるまちづくり」について

『まとめ報告者:泉井』

H28年11月9日 今日から2日間、会派視察のため出張しています。
1日目は北海道岩見沢市。

岩見沢市は自治体ネットワークセンターを地域IT拠点施設として運用。
当センターを中心にテレワークセンター(滞在型ラボラトリー施設)、新産業支援センター、ITビジネスセンター、環境配慮型クラウドデータセンターと連携。

教育分野では、市立学校を対象に衛生回線と地上回線を組み合わせた双方向遠隔学習システムを展開しています。
これは、市内の教職員や教育委員会にて構成する「遠隔学習推進委員会」が主体となり、カリキュラム作成から番組制作まで全て独自で実施しています。
ひとつの例ですが、一学年一人の学校もあり、他校との連携を図っています。

また、医療分野では患者負担の軽減の為、検査前には地域の医院を受診したときに検査等が必要な場合、総合病院の予約が可能となりました。
(今までは、医師の紹介状を持ち、検査予約をおこない、改めて受診。)

検査後も、検査結果が2週間ほどかかっていたものが翌日には分かるようになりました。

安全安心分野では児童の見守りのため、H19年に電子タグを用いた登下校情報配信を総務省のモデル事業として開始。
高齢者支援では、昨年度から安否確認のためにICTを利用。
その他、北海道大学と連携し、少子化対策や食と運動の融合など健康コミュニティを推進。農家に天候情報や位置情報を提供する。また企業誘致など、様々なところでICTが活用されていました。
特に地域特性としては農業分野で農家との連携推進を図り、情報発信やGPS活用など先進的に様々なシステムを導入し効率的に農業が行えるよう先進的に実施していました。

今回の視察で感じたことは、吹田ではICT農業は殆ど関係ありませんが、地域の課題解決のために地域特性に応じた対策にICTをフル活用していました。
気になった財源面で質問をさせていただきましたが、市長を先頭に各部署の管理職が国の動向を注視し、積極的に事業提案するなど、密に国との連携を図っていることがわかりました。
そうした姿勢や取り組みが国のモデル事業として開始されていること。また補助制度を獲得するなど、自治体のやる気姿勢を強く感じました!!                 
 

コメント

自由民主党絆の会

〒564-8550
大阪府吹田市泉町1丁目3番40号
吹田市役所内3階
自由民主党絆の会議員控室

電話番号
06-6384-1231(代表)
内線:2362/2363

受付時間:10:00~17:30
定休日:土日祝

モバイルサイト

自由民主党絆の会モバイルサイトQRコード

自由民主党絆の会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000450173.jpg
  • 0000450175.png
  • 吹田市役所
  • 吹田市議会
  • 自民党
  • 自民党大阪府支部連合会
  • とかしきなおみ