大阪府吹田市 自由民主党絆の会

私たちは現実と向き合います。パフォーマンスより実現力!-自由民主党絆の会

メイン画像2

ホーム議会・委員会 ≫ 平成30年11月定例会(本会議) ≫

議会・委員会

平成30年11月定例会(本会議)

こんにちは。

先週金曜日に代表、一般質問が終わりました。

今回の代表質問は泉井議員、個人一般質問は全員がおこないましたが、その中から今回は数名の質問をピックアップして簡潔に報告します。

 

先ず、代表質問ですが、泉井議員の最初の質問は南吹田地域汚染水問題についての進捗状況と今後の対策について質問をしました。

これは道半ばでご逝去された橋本ひろし前市議が何とか地域のためにとご尽力されていた案件。色んな課題からなかなか進まなかった対策でしたが、やっと汚染水を汲み上げが始まりましたことを先ずはご報告させていただきます!

そして、今後は汲み上げ管を今年度中に2本の工事が完了する予定となり、3本体制で高濃度汚染水の汲み上げを行います。

また、北西部に関しても、実態調査等、対策について学識経験者の意見も踏まえ対応していくという答弁をいただきました。

新駅も完成間近で、これからますます街びらきが進む南吹田地域。だからこそ安心安全な地域となるよう、これからも取り組んでいきます。

 

次に注目の質問議員は藤木議員。

吹田市の保育園の保護者が多く関与している「いきいき署名」についての質問でしたが、この度、市民から情報提供をいただいたことに対して疑問をダイレクトに市に問いかけました。

それは、「ある保育園で配られた「いきいき署名で実現した私たちの願い」と称した実績について、「この実績って本当なの?」という市民の素朴な疑問からでした。

○ 公立保育園の休日保育・一時預かり保育実施 ○幼稚園・小・中学校にエアコン設置○学童保育の全教室エアコン設置 ○学童保育時間延長、土曜日保育実施 ○市独自予算で小中学校に読書活動支援を継続配置 ○市民病院の小児救急、日曜・祝日の昼間診療継続配置 ○こども医療助成制度の拡充 ○小・中学校の耐震補強工事の実現などのついて、いきいき署名で実現したのかという質問に対して市は、全ての事業は市が必要と判断したことで、いきいき署名がなくても実施していた。言わば「いきいき署名」は関係ないという答弁でした。

 

次の質問議員は奥谷議員。

市立サッカースタジアムの管理基準について市は株式会社ガンバ大阪に異例となる48年間の長期指定管理者となっていますが、施設の維持管理は全てガンバ大阪が行うとなっている管理規約について、この施設は災害時の備蓄倉庫でもあり避難所でもあることから、災害時等による不可抗力による損傷については、甲・乙双方で協議の上、決定するとした方が、臨場感あふれるスタジアムを市とガンバ大阪双方、協力して存続させるためには必要ではないかという質問に対して、市長も全く同意見、協定書の書の改定を進めていくといった答弁でした。

この質問は今回の大阪北部地震においてスタジアムにも被害が出ており、約2000万円の補修費用が必要だったことに対し、市が何も協力できない状況からのい質問でした。

 

他にも、私たち自民党市議団に対しての質問には前向きな答弁を多くいただいています。それは、様々な課題に対して単なる耳障りの良い発言をするのではなく、時には支援者とも厳しい意見交換もしながらでも、しっかりと直面する課題と向き合いひたむきに取り組んできた結果だと自負しています。

 

自由民主党絆の会

〒564-8550
大阪府吹田市泉町1丁目3番40号
吹田市役所内3階
自由民主党絆の会議員控室

電話番号
06-6384-1231(代表)
内線:2362/2363

受付時間:10:00~17:30
定休日:土日祝

モバイルサイト

自由民主党絆の会スマホサイトQRコード

自由民主党絆の会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!